Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


六甲全山縦走(最終回)

最近では珍しい、と言っていいほど天気予報が外れて、






いいお天気になった日曜日の近畿地方。






新しいトレッキングポールを連れて、喜び勇んで六甲全山縦走に出かけました。










DSCN1900.jpg





和歌山から電車、バス、ケーブルなどを乗り継いで4時間かけて六甲記念碑台へ。





今回は、ゴールの宝塚を目指します。










DSCN1904.jpg





グルーム像と記念撮影。






アーサー・ヘスケス・グルームは、






六甲山の開発と景観保護に力を注ぎ、「六甲山開祖」と呼ばれた人です。










DSCN1907.jpg





スタートしてすぐ、ゴルフ場の脇を通り抜けていきます。










DSCN1910.jpg





六甲ガーデンテラスから電波塔を見上げる。






ここから、まず目指すのは六甲山最高峰。










DSCN1914.jpg





登山道には、山ツツジがキレイに咲いていました。










DSCN1917.jpg





藤もキレイです。






六甲山を歩き始めた3月末には、まだ桜がつぼみでした。









DSCN1921.jpg





またもや電波塔が見えてきて。。。










DSCN1922.jpg





歩き始めて約1時間半、六甲山最高峰(931m)に到着しました。












DSCN1925.jpg





一等三角点










DSC_0305.jpg





とりあえず記念撮影。










DSCN1927.jpg





ここで、お昼ごはんを食べました。










DSCN1930.jpg





お昼ごはんで元気をつけて出発。






しばらく車道を歩いて、白山の宮を通過。










DSCN1932.jpg





登山道は、土がむき出しになっていて、結構滑りやすいので注意が必要です。










DSCN1935.jpg





土砂崩れで迂回しなければならないところもありました。










DSCN1939.jpg





木漏れ日の中を進んでいくと。。。










DSCN1943.jpg





こんな変わった形をした木がありました。










DSCN1952.jpg





視界が開けて、目の前に岩倉山。










DSCN1951.jpg





ここからの眺めは最高でした!






遠くに、京セラドームなどの大阪の景色が見えます。






六甲全山縦走を始めたころは、淡路島や明石海峡大橋が見えていたのに。。。





思えば、ここまで頑張って歩いたものです。










DSCN1954.jpg





滑りやすい坂道を歩いて行くと。。。









DSCN1955.jpg





3時20分 歩き始めて約5時間半で塩尾寺(えんぺいじ)に到着。






室町時代創建の浄土宗の寺院。温泉の泉源伝承(病治しの水が湧いた)が残っており、






古くは塩出観音として多くの信仰を集めたそうです。










DSCN1957.jpg





塩尾寺を過ぎると、参道と宝塚の市街地歩きを残すのみです。






最後の最後でのアスファルト歩きは、膝にとてもこたえます。






あっ、眼下に宝塚大劇場が見えて来ました。あともう少し頑張れ~










DSCN1959.jpg





ゴールまで、残り1.3km。甲子園大学の横を通ります。










DSCN1961.jpg





4時10分、6時間20分で宝塚にゴールしました。






温泉で疲れを癒したあと。。。










DSC_0322_2015052521331732a.jpg





宝塚大劇場を眺めながら武庫川を渡り。。。










DSC_0325_20150525213319e8b.jpg





ここが本当のゴール、阪急宝塚駅前です。






この日歩いた距離は約20㎞。3回に分けてですが、全行程56kmを無事歩き切りました。






56kmを一日で歩きとおす猛者たちがいるので、偉そうなことは言えませんが、






自分としては、よく頑張ったと思います。









DSC_0328.jpg





その後、ささやかながら完歩のお祝い会を開催しました。









DSC_0331_20150525213320ea2.jpg





頑張った自分へのご褒美。。。もちろん生ビールもいただきましたよヽ( ´¬`)ノ ワ~イ !!








この記事に対するコメント:

縦走完了お疲れ様でした。
六甲山以降は暗くなってからの景色しか印象に無かったのですが明るいときも実に綺麗な所ですね。
山も自転車も楽しみ方は人それぞれですし、貧乏性でヘロヘロになるまで満足できない人間もいれば、一つのアドベンチャーをじっくりと楽しめる人もいる。
いずれも素晴らしいと思いますね。

[2015/05/26 22:42]URL | OKI #-[ 編集]

お疲れ様でした。
結構な距離を歩いてらっしゃいますね。
私には無理だなぁ・・・(苦笑
十代の頃に兵隊(笑)で行軍させられて以来、そのような距離を歩いたことが無いので(^_^;)
ちなみに画像の道はMTB走行可なのでしょうか?

[2015/05/27 20:10]URL | 輪人 #3UG7ZRW.[ 編集]

すご~い

六甲全山縦走お疲れ様でした。
それにしても すごいですね!
今年になって またまた山登りの回数が減った私には
このコースは無理かもしれません。

ひまわりパパさんと一緒に登った気分を楽しめて
とても気持ち良かったです(^O^)/

[2015/05/27 22:49]URL | こっぺ #YD14tAto[ 編集]

ありがとうございます。

OKIさん

こんばんは

なんとか縦走完了しました!
もともと今回の六甲全山縦走を思い立ったのも
OKIさんの縦走された記事が、頭の中に残っていたからです。

いつかは、立山にも登ってみたいと思っています。

[2015/05/28 19:57]URL | ひまわりパパさん #-[ 編集]

MTBは。。。

輪人さん

こんばんは

何とか縦走完了しました。

六甲縦走路は、けっこう登山客も多く
MTBで走ることは無理だと思います。

[2015/05/28 20:00]URL | ひまわりパパさん #-[ 編集]

Re: すご~い

こっぺさん

こんばんは

ぼくの師匠であるこっぺさんなら、
絶対大丈夫!歩けますよ。

ぼくも、毎回最後の方は、
『膝痛~い』って、半べそかいて歩いていますから。。。( ̄Д ̄;;

[2015/05/28 20:04]URL | ひまわりパパさん #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://himawaripapa812.blog.fc2.com/tb.php/485-7def78e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。