Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


稲むらの火 ~浜口梧陵~

稲むらの火 という物語をご存知でしょうか。





1854年(安政元年)の安政南海地震の大津波が






紀伊国広村(現在の和歌山県広川町)を襲いました。






浜口梧陵 という人物が、稲むら(藁を干すために積み上げたもの)に火をつけて、






暗闇を逃げ惑う人々を高台の広八幡神社へ導き、多くの命を救った・・・というお話。







小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の「A Living God(日本名「生き神様」)」を







和歌山県出身の中井常蔵が翻訳・再話したものが、「稲むらの火」です。






稲むらの火の里へ浜口梧陵の偉業の足跡を訪ねてきました。










稲むらの火の館。
P7254627.jpg





浜口梧陵記念館と津波防災教育センターが併設されています。






浜口梧陵は広村出身の実業家で、ヤマサ醤油の当主であった人です。






ドラマ JIN-仁-にも、ペニシリン製造の支援者として登場しているので






ご存知の方も多いのではないでしょうか。






ちなみに、日本の醤油発祥地は和歌山県です。






大消費地の江戸の近くの千葉県銚子に移転し、醤油製造を始めたのが






現在のヤマサ醤油だと言われています。












感恩碑。
P7254673.jpg






広村の歴史に触れながら、濱ロ梧陵の偉業とその徳を称えたもので、






昭和8年12月に建立されました。









広村堤防。
P7254675.jpg






浜口梧陵が1,572両の私財を投じ、延人員56,736人の村人を雇用することで、






津波の被害で荒廃した村からの離散を防ぎました。





国の史跡に指定されています。






P7254678.jpg






昭和21年の南海地震のときに発生した大津波を防ぎ






広村の人々の命を守りました。









防潮扉。
P7254683.jpg










避難標識。 町のあちこちで見かけました。 
P7254664.jpg





現在も津波、防災に対する意識が高いようです。






今なお、浜口梧陵の教えが息づいているのでしょう。










広八幡宮へも行ってきました。
P7254694.jpg












P7254706.jpg











P7254702.jpg






この鎮守の森に人々を導くために、稲むらの火を燈したのです。









浜口梧陵碑。
P7254700.jpg






濱ロ梧陵の生涯の事績やその徳行を称えたもので






広八幡神社境内の山手の一隅にたたずんでいます。








浜口梧陵墓。
P7254711.jpg






扉の向こうのお墓に浜口梧陵が眠っています。






広村堤防とともに国の史跡に指定されています。








浜口梧陵銅像。
P7254717.jpg






小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が、生き神様と讃えた浜口梧陵。





和歌山が誇る偉人です。










この記事に対するコメント:

わ~~~~い!!!
ママさんだ!!!
めっちゃ美人でテンション上がります
わたくし・・ママさんの大ファンです
本当にお綺麗な方・・・
知性溢れてますよね
ひまわり娘さんも賢いのだろうな~って拝見しております

ひまわり畑圧巻ですね
最後の2歳児のひまわり娘さん
なんとも可愛い♪

[2013/07/28 08:32]URL | マルチ君の母 #-[ 編集]

浜口梧陵さん、すごい方なんですね。
私財を投じて村人を助けるなんて、
昔はそんな方がいらしたんですね。

ひまわりパパさんがいたら、いろんなことを教えてもらえて
旅行が楽しいでしょうね!

[2013/07/28 15:26]URL | ぐるこ #-[ 編集]

ハハハッ(;・ω・)

マルチ君の母さん。

いつもお世話になります。

ママさんをいつもお褒めいただき
ありがとうございます(^-^)

ママさんに、
いただいたコメントを見せたら
顔を真っ赤にして
恥ずかしがると思います。





[2013/07/28 20:01]URL | ひまわりパパさん #i386yzsU[ 編集]

ホントにすごい人です。

ぐるこさん。

こんばんは。
コメントありがとうございます(^-^)

浜口梧陵...
ホントにすごい人ですね。
その後、和歌山県副知事や郵政大臣を
務めたそうです。

ブログを書き始めて
和歌山県の歴史や人物について
勉強するようになりました。

[2013/07/28 20:35]URL | ひまわりパパさん #i386yzsU[ 編集]

しみじみと拝見しました。

日々の慌ただしさに追われ
心の余裕を無くしていました。

たっぷり「日本のよき時代」を感じ
癒されました。
ありがとうございました。

[2013/07/28 20:56]URL | K-tooko #YD14tAto[ 編集]

きれいな奥様ですね^^
我が家は、絶対NGなので登場させられません^^;

jinでもかっこよかった人物の紹介ですね。
ヤマサと聞くと銚子を思い出しますが
違いましたね^^;

勉強になりました^^

[2013/07/30 11:27]URL | ひでち #-[ 編集]

Re: しみじみと拝見しました。

K-tookoさん。

こんばんは。

昔の日本には偉人と呼ばれる人が
たくさんいましたね。

ブログを書いていると
そういう身近な偉人のことを
改めて勉強できていいですね。

[2013/07/31 22:00]URL | ひまわりパパさん #-[ 編集]

お恥ずかしい・・・

ひでちさん。

こんばんは。

うちは無断掲載、事後承諾です・・・

銚子の醤油は和歌山の湯浅から
移り住んだ人々が作ったそうですよ。

[2013/07/31 22:04]URL | ひまわりパパさん #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://himawaripapa812.blog.fc2.com/tb.php/333-4550b322
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。