Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


金剛山 ~青崩道を山頂へ~

12月23日の祝日、金剛山に登ってきました。






今回は、水越峠から青崩(あおげ)道を山頂へ向かって登りました。







DSCN0086.jpg





水越トンネル近くに車を止めて、9時40分登山開始。










DSCN0087.jpg











DSCN0088.jpg





しばらく、きつい階段坂を登って行きました。










DSCN0095.jpg





ようやく、うっすらと雪が残る尾根道に出ました。










DSCN0101.jpg





道が凍っていて滑りそうなので、軽アイゼンを装着。










DSCN0107.jpg





水分道との分岐をセト方面に向かいます。










DSCN0111.jpg




古い石碑と小さなお地蔵さんが雪の中にたたずんでいました。










DSCN0114.jpg





桐山・二河原辺道分岐












DSCN0120.jpg





標高が高くなると、クマザサが目立ち始め、雪の量が多くなってきました。










DSCN0122.jpg





もう少し季節が進むと、キレイな樹氷が見られるのでしょうね。










DSCN0130.jpg





山頂まであと少し










DSCN0132.jpg





最後の階段を登ると










DSCN0133.jpg





金剛山山頂(国見城跡)に到着












DSCN0135.jpg





11時40分、約2時間の登山でした。










DSCN0141.jpg





記念撮影










DSCN0161.jpg





お待ちかねの山ランチ










DSCN0167.jpg





この日のメニューは、クリームシチューとバターロールパンです。










DSCN0175.jpg





氷点下2℃の山頂で食べるクリームシチューは最高でした。










DSCN0178.jpg





ドイツの焼き菓子シュトーレンでメリークリスマス






今回も楽しい山ランチでした。










DSCN0183.jpg





転法輪寺






役行者を祭る、葛城修験道の本拠地だそうです。












DSCN0186.jpg





葛木神社へと向かう参道












DSCN0192.jpg





夫婦杉






夫婦が手をつないでいるように見えるとか。。。










DSCN0191.jpg





ちなみに、石碑に「夫婦」とは



二十代は 愛で
三十代は 努力で
四十代は 我慢で
五十代は 諦めで
六十代は 信頼で
七十代は 感謝で
八十代は 一心同体で
そしてそれからは空気のようなふれ愛で



と刻まれています。






意味深い言葉ですね~













DSCN0193.jpg





福石



祟神天皇御代
大国主の神ご出現
大国石ともいわれ
福徳招来の守り神



と あります。      






みなさんに福が来ます様に。。。









DSCN0195.jpg











DSCN0201.jpg





葛木神社






一言主神(ひとことぬしのおおかみ)、後醍醐天皇、楠木正成を祀っています。






この葛木神社裏の禁足地が金剛山山頂(1,125m)です。










DSCN0199.jpg




葛木神社にお参りしたあと、ダイヤモンドトレールを下山しました。











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。