Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おこべさんとおはらさん。

和歌山県海南市にはおこべさん(お頭さん)と呼ばれる神社と






おはらさん(お腹さん)と呼ばれる神社があります。





その謂れは

神武東征の際、九州を勢力下に収め、各地を平定していった東征軍は、






大和を目指していました。






しかし、紀国(キノクニ)【紀伊国、和歌山】でこの地を治めていた勢力の反撃を受けました。






名草邑(ナグサムラ)【現在の和歌山市と海南市の一部】を支配していた豪族である






名草戸畔(ナグサトベ)の軍勢でした。






名草戸畔は随順せず、東征軍との死闘の末、討伐された。






その名草戸畔の首級が祀られたのが「おこべさん(宇賀部神社)」






胴体が祀られたのが「おはらさん(杉尾神社)」です。













DSC_0619.jpg












おこべさん(宇賀部神社)
DSC_0621_201312011346364b8.jpg












学業成就や合格を祈願するお参りが絶えません。
DSC_0631_201312011346444a0.jpg













境内では新しいしめ縄づくりをしていました。
DSC_0625_201312011346384d5.jpg














DSC_0629.jpg













DSC_0604.jpg












おはらさん(杉尾神社)
DSC_0608.jpg













DSC_0610_20131201135158ff1.jpg













DSC_0613_20131201135200780.jpg












こちらはお参りする人影もなくひっそりとしていました
DSC_0614_2013120113520322c.jpg






海南市にはもう一つ、名草戸畔の足が祀られた「あしがみさん(千種神社)」があります。






また今度、ゆっくり訪れてみたいです。









スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。