Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


無量光寺の首大仏様(おぼとけさま)。

無量光寺(むりょうこうじ)は和歌山市吹上にある浄土宗の寺院です。






「首大仏の寺」として知られています。








無量光寺
PA275970.jpg















首大仏様(おぼとけさま)
PA275963.jpg






おとぼけ・・・違います、おぼとけさまです。













PA275972.jpg






この首大仏は大福寺の蓮心和尚のために多くの人の力で丈六佛(じょうろくぶつ)が造られたことが






始まりとされています。その後、丈六佛は火災により焼失します。






悲嘆にくれた人々は再興を決意し、鎌倉の大仏を目標に丈六佛の溶けた銅でまずは頭部を鋳造し、






その後胴体も鋳造し頭部とつなげる予定でしたが断念し、頭部だけの大仏となりました。







その後、大福寺は安政の大地震の際に伽藍も全て消失し、






寺の維持が困難になったことから明治41年(1908年)廃寺に至り、






首大仏は無量光寺に安置されることになりました。(首大仏様の縁起より)














PA275962.jpg














PA275965.jpg



















PA275966.jpg






BS朝日「歴史発見 城下町へ行こう!」でも紹介された首大仏様。






“首から上の願いが叶う”ということで、






受験シーズンにはゲンを担いだ多くの受験生が参拝するそうです。






みなさんもお参りなさってみてください。






首大仏様の柔和なお顔に、癒していただけますよ。























スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。