Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大普賢岳(和佐又ヒュッテ~日本岳のコル~岩ノ鼻)


11月23日(土) 奈良県大峰山系の大普賢岳に登ってきました。






今回のメンバーは、






我らが、きのした隊長をはじめ、いまいさん、ようこちゃん、そしてわたくしの






少数精鋭(?)の4人です。








和佐又ヒュッテ。
PB236025.jpg







きのした隊長がまさかの寝坊で、予定より30分遅れの午前6時に和歌山を出発し、






登山の起点となる和佐又ヒュッテには、9時過ぎに到着しました。






ヒュッテは廃校になった小学校の校舎を移築してきたそうですよ~









頑張るぞ~!と、ようこちゃん。
PB236027.jpg











しばらく雑木林を歩いて
PB236034.jpg






予想していたほど寒くなくって、快適な山歩きでした。










和佐又のコルに到着。
PB236036.jpg











和佐又のコルからしばらくするとトラバース道へ
PB236051.jpg











岩を見るとロッククライマーの血が騒ぐ隊長。
PB236056.jpg











朝日窟。
PB236072.jpg













鎖場は慎重に。
PB236077.jpg














笙の窟(しょうのいわや)。
PB236079.jpg






和佐又山から大峯奧駈道(大普賢岳)への登山道沿いには






大規模な自然岩窟群があり「笙の窟」は平安時代多くの修行者の参籠修行が伝えられ、






中でも雪中参籠は大峯の峯中随一の荒行とされた行場です。






・・・上北山村ホームページより











PB236083_201311272100242c7.jpg












PB236086.jpg













岩場の急登を登ります。
PB236090.jpg






岩窟群を過ぎてから日本岳のコルに続く登山道は






岩場とハシゴが連続する厳しい道でした。











PB236092.jpg












PB236093.jpg











日本岳のコルに到着。
PB236096.jpg











日本岳のコルを過ぎると岩ノ鼻までもあと少し。
PB236099.jpg












PB236098.jpg











登り始めて2時間弱だったでしょうか、岩ノ鼻に到着。
PB236116.jpg













岩ノ鼻からの眺め。絶景です!
PB236115.jpg















PB236114.jpg













PB236112.jpg












正面のピークが大普賢岳です。
PB236102.jpg






岩ノ鼻で絶景を堪能し休息をとったあと、大普賢岳山頂を目指しました。






後半を乞うご期待!












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。