Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラーメン倉庫。

和歌山県伊都郡かつらぎ町にちょっと変わったラーメン屋さんがあります。




その名も「ラーメン倉庫」




ラーメン好きの農家のご主人が農閑期の冬、日曜日だけ開店する




一日限定100食の幻のラーメン屋さんです。





2月24日(日)、和歌山市内から車で約1時間、幻のラーメン屋さんを求めて




家族で、はるばる出かけてきました。






のどかな農村にラーメン屋さんはありました。
P2243277.jpg








ラーメン倉庫。
P2243333.jpg




普段は収穫した柿やスモモを貯蔵するための倉庫だそうです。




ノボリがなければラーメン屋さんには絶対見えません。







手造りの看板。
P2243331.jpg




ベニヤ板に書かれた素朴な看板です。






「店内」はこんな感じ。
P2243285.jpg




壁際には果実用のコンテナが並んでいて、




テーブルもコンテナを利用して作ったものです。







厨房。
P2243287.jpg




こちらも手造り感いっぱいです。



ご主人さん、奥さん、ふたりの娘さん(?)の4人でやっているみたいでした。






番号札。
P2243312.jpg




前日の読売新聞和歌山版で紹介されたこともあるのでしょうか




開店直後の11時15分頃到着したにもかかわらず




もらった番号札は「26番」でした。







お腹すいた~
P2243289.jpg




朝ごはんを食べずに来たひまわり娘はおなかペコペコ。







お待ちかねのラーメン。一杯500円です。
P2243304.jpg







しょうゆ豚骨ラーメン。
P2243302.jpg




スープは和歌山ラーメンの定番のしょうゆ豚骨です。




さすが、ラーメン好きのご主人が研究を重ねって到達した味。




美味しかったです。






いただきま~す!
P2243295.jpg








P2243313.jpg









P2243332_20130224152933.jpg




和歌山の農村にあるちょっと不思議なラーメン屋さん。




みなさんも、おでかけになってはいかがでしょうか。




今年は、3月31日まで営業する予定だそうですよ。





















スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。