Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さん・けん・きょうフォトラリー。

「さん・けん・きょう」ってなに?

みなさん、「さん・けん・きょう」ってなにか解りますか?



漢字で書くと「三県境」

そう、読んで字の如く、三つの都道府県の県境(この場合線ではなく点です)のことです。



「三県境」自体は、北海道、佐賀県、長崎県、沖縄県以外の全国43都府県に存在し、

特に珍しいものではないそうです。

ところが、わが和歌山県にはその「三県境」が5カ所も存在し、これは全国で唯一で

とても珍しいことだそうです。



もちろん和歌山県に「三県境」が5カ所も存在するのには理由があります。

それは、奈良県と三重県の間に、和歌山県の「飛び地」があるからです。



「さん・けん・きょうフォトラリー」は、そんな「飛び地」と「三県境」をアピールし、

観光客に来ていただこうと、和歌山県が企画したイベントです。




img002_convert_20121023201120.jpg





和歌山県の「飛び地」です。
img003_convert_20121023201333.jpg


北山村と新宮市の一部が飛び地になっています。

北山村は村全体が飛び地になっており、これは全国でここだけだそうです。



昔から林業が盛んであった北山村は、筏を組んで木材を下流の紀州新宮に運んだことから

新宮との結びつきが強く、本来なら廃藩置県の際に奈良県に編入されるはずだったのを

村民の意思で和歌山県に編入することになったそうです。





観光スポットもいっぱいですよ。
img004_convert_20121023201228.jpg


最近、花粉症や疲労回復にも良いとマスコミにも取り上げられている柑橘

「じゃばら」。

全国で作られているのは北山村だけです。



さん・けん・きょうフォトラリー。
img001_convert_20121023200845.jpg


三県境案内板の写真を撮って応募すると、抽選で素敵な商品がもらえるそうです。


和歌山県人であるぼくですが、実は北山村には行ったことがありません。

この機会にぜひ行ってみたいと思います。


みなさんもいかがですか。

秘境気分が味わえるはずです。




和歌山県のホームページ
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/130700/sankenkyou.html






スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。