Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


吉野山(その1)。

11月23日勤労感謝の日

予定していた「大和葛城山」へのトレッキングが雨で中止になりました。


それなら・・・

「吉野山へ紅葉を観に行こう!」ということになり、

トレッキングのメンバーで一路、奈良県は吉野へ向かいました。


吉野山は言わずと知れた桜の名所ですが、

秋の紅葉も桜に、負けず劣らず見事なんです。




まず訪れたのは、金峯山寺(きんぷせんじ)。
PB232452.jpg


金峯山寺は修験道の総本山で、役行者が開祖と言われています。




蔵王堂(本堂)。
PB232444.jpg


大伽藍の大きさに圧倒されました。

現在の建物は、安土桃山時代に再建されたもので、国宝だそうです。




PB232443.jpg


金峯山寺では御本尊の金剛蔵王権現の特別開帳を見学することができました。

もちろん撮影禁止ですので、ブログで紹介することはできませんが、

青く体を染めた仏さまは荘厳で、筆舌に尽くしがたいものがありました。


JR東海のホームページで紹介されていますので、ぜひご覧になってください。
http://nara.jr-central.co.jp/campaign/kimpsenji/index.html




PB232446.jpg





後醍醐天皇導稲荷神社。
PB232453.jpg


京の都から吉野に向かった後醍醐天皇が道に迷った際、

導いた稲荷をお祀りしているそうです。

蔵王堂の石段脇にお祀りされています。





吉水神社(よしみずじんじゃ)。
PB232454.jpg






PB232456.jpg






PB232457.jpg


吉水神社は元々「吉水院」といい、修験道の僧坊でした。明治時代に神仏分離が行われ、

後醍醐天皇の皇居であったことから、明治8年に「吉水神社」となったそうです。




後醍醐天皇の玉座。
PB232458.jpg


ここにお座りになって、何をお考えになっていたんでしょうね。

また、時代を遡れば、源頼朝に追われた、義経や静御前、弁慶らが

ここに身を隠していたそうです。




PB232461.jpg





一目千本からの風景。
PB232463.jpg


吉水神社の境内にある「一目千本」

桜の季節には、絶景が目の前に広がります。

豊臣秀吉がここからの風景を見て「絶景じゃ。絶景じゃ。」と

こどものようにはしゃがれたそうです。




甘味処「弁慶」さん。
PB232470.jpg


朝早くに和歌山を出発したのでお腹が空いてきました。

「これからどこに行こうか?」との作戦会議も兼ねて

「弁慶」で休憩しました。



ぼくがいただいたのは・・・くずもち入りぜんざい。
PB232468.jpg


素朴なくずもちがぜんざいの甘さとあいまって、とても美味しかったです。

小雨で冷えた身体が温まりました。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。