Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


友ヶ島へ行ってきました(その2)。

大展望台で休憩をとったあと、第3砲台跡に向かいました。

友ヶ島の三角点と航空用ビーコンアンテナの横を過ぎれば

すぐそこです。




三角点。
P8261673_20120826203804.jpg




関西空港航空用ビーコンアンテナ。
P8261674_20120826203804.jpg

近代的な設備と歴史的な遺構が混在する

不思議な空間です。



第3砲台は

明治25年(1892年)に完成した友ヶ島最大の砲台で

第二次世界大戦終戦まで使われていたそうです。




第3砲台地下入口。
P8261666_20120826203804.jpg

地下入口へ下り、真っ暗なトンネルを抜けると

砲座(大砲が据えられていた場所)跡に出ます。




砲座跡。
P8261668_20120826203947.jpg

ここに日露戦争の旅順攻撃にも使用された

二八センチ榴弾砲という大砲が合計8門据え付けられていたそうです。

映画「二百三高地」でこの大砲をごらんになった方もいらっしゃると思います。

(ちょっと古いですが・・・)




弾薬庫跡。
P8261675.jpg






P8261680_20120826204127.jpg





P8261678.jpg





P8261683.jpg

第3砲台跡は時計の針が何十年も前に止まってしまったような空間でした。




発電所跡。
P8261687.jpg

先ほどのビーコンアンテナが設置されたとき(関西空港開港時)、

本州から友ヶ島に海底ケーブルがひかれで電気が通じたそうです。

それまでは旧日本軍の発電所を整備して使っていたそうなのですが

本当なのでしょうか???




探照灯跡。
P8261688.jpg

探照灯、サーチライトのことだそうです。




こんな山道を下って港に向かいました。
P8261689.jpg





桟橋に到着。
P8261690.jpg




桟橋近くにはこんなオブジェもありました。
P8261694.jpg





今日は楽しかったね~(^-^)P8261692.jpg



友ヶ島は不思議な雰囲気を持った場所でした。

キャンプや海水浴を楽しむ人の傍らに

百年以上前の軍事遺構が静かにたたずんでいました。

興味のある方は一度お越しになってください!








スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。