Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


たま駅長に部下誕生。

和歌山電鉄貴志駅(和歌山県紀の川市)のスーパー駅長、三毛猫「たま」(12歳)に5日、         

同じ雌の三毛猫「ニタマ」(1歳)が部下として配属された。たまが休みの日曜に駅長代行を

務める。

 ニタマは「2番目のたま」などの意。同電鉄を運営する両備グループ(岡山市)の

観光センターで飼われていた。

 たまはこの日、駅長就任5周年。式典でニタマに辞令を交付した同電鉄の小嶋光信社長は

「これでたまも、多忙の時には『猫の手』が借りられる」と期待した。

(2012年1月5日11時53分 読売新聞)

20120105-298445-1-N[1]
是非「たま」と「ニタマ」に会いに来てください。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。