Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


京都一周トレイル① ~その2~

DSC_1751.jpg





鳥居はまだまだ続きます。










DSCN4061.jpg














DSCN4066.jpg





11時 四ツ辻










DSC_1752.jpg




京都市街地の眺め










DSCN4065.jpg





京都一周は、四ツ辻から左にルートをとりますが、まっすぐ進むと






稲荷山最高峰(233m)の一ノ峰に至ります。










DSCN4067.jpg





荒神峰(田中社神蹟)











DSC_1754.jpg





御幸奉拝所のお塚群






横山大観画伯の筆塚があります。










DSCN4071.jpg





このあたりから、トレイル道らしい雰囲気になってきます。






ほとんど観光客の姿は見えなくなりました。










DSCN4077.jpg




いったん住宅街の舗装路に出て、正面の階段を昇っていきます。










DSCN4080.jpg





細い道を登っていくと。。。










DSCN4081.jpg





皇室の墓所がありました。











DSCN4084.jpg





そして、泉涌寺(せんにゅうじ) 11時30分






真言宗泉涌寺派の総本山で、皇室との所縁が深く御寺(みてら)と呼ばれていて






四条天皇以来14代の天皇稜や皇室の陵墓があります。










DSCN4086.jpg





御寺泉涌寺と書かれた大門をくぐり、仏殿に向かって砂利道がゆっくり下って行きます。







仏殿は応仁の乱で焼失したものを、






寛文8年(1668)徳川四代将軍家綱が再建したものだそうです。










DSCN4087.jpg











DSCN4085.jpg





楊貴妃観音堂は、あの“世界三大美女”のひとり楊貴妃の像が安置されているお堂です。






京都のお寺になぜ楊貴妃像?と思ったのですが、






仏像彫刻の名匠であった湛海(たんかい)という人が中国に渡ったときに






持ち帰ったものなのだそうです。






「楊貴妃のような美しい女性になれますように」と、美人祈願のご利益を授かりに訪れる






女性参拝者があとを絶たないとのこと。






続きます~






この記事に対するコメント:

自分のよく通る道です。

ひまわりパパさん、こんにちは。
たびたびコメントを書きます。

亡き祖父が信仰していたお塚が、
荒神峰の辺りにいらっしゃいます。

「舗装された道」というのが、
高校時代に学校から稲荷山まで
体育の授業で使った道です。
自分が通った高校が、
泉涌寺の真下にあります。

この辺が、自分にとっての
「地元」です。

[2016/04/12 00:53]URL | ぴのぴな #-[ 編集]

Re: 自分のよく通る道です。

ぴのぴなさん

こんにちは。
いつもお世話になります。
お返事が遅くなって申し訳ありません。

そうですか、このあたりがぴのぴなさんの地元ですか。
ぴのぴなさんのブログにも、伏見稲荷大社界隈がよく登場しますよね。
大学時代を京都で過ごしたぼくですが、伏見稲荷大社は初めてでした。

これからも京都を楽しみながら歩きます。

[2016/05/01 13:20]URL | ひまわりパパさん #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://himawaripapa812.blog.fc2.com/tb.php/528-104a1793
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。